文化誌『藝文京』

文化誌『藝文京』

当協会が発行する文化誌『藝文京』は、京都の芸術文化情報誌として昭和57年(1982年)に第1号が発行されました。以来、伝統を引き継ぎつつ時代と共に様々な表現を試みる、京都の芸術・文化の「今」を伝えてきました。
平成26年度秋発行の129号からは形態を刷新し、バックナンバー(PDF版)は当サイトでご覧いただけるようになりました。
仕 様:A5判 本文:32ページ/モノクロ 表紙:カラー
発 行:年1~2回
価 格:300円 ※130号は在庫なし

*最新号のバックナンバー(PDF)は、次号発行まで公開をお待ちください。

最新号

想像/創造~協会創立40周年!~
 
2021年9月に当協会が創立40周年を迎えた芸文協。この先を見据え策定した中期ビジョンやミッションステートメント、芸術や文化の未来について考えるトークイベントの記録等を掲載。 【特集:想像/創造~協会創立40周年!】 ■「文化藝術の力が漲る社会へ」…近藤誠一(理事長) ■芸文協のミッションと中期ビジョン ■ミッションステートメント ■リレートークⅣ「歴代理事長鼎談~これから10年先の文化芸術のために」村井康彦・建畠 晢・近藤誠一…採録:渡辺健一郎 □リレー随想「デザインと工芸について」…中村隆一 ■リレートークⅤ「アートセンターの未来を考える」たちかわ創造舎(細川浩伸)・岡山県天神山文化プラザ(高田佳奈)・京都芸術センター(谷 竜一)…採録:渡辺健一郎 □追悼「富永茂樹氏を偲んで―京都芸術センターがつなぐ人と未来と」…談:森口邦彦 □協会相談役就任にあたって 「伝統を踏まえつつ」吉井公林、「写真を通して、出逢いを振り返り」小林賢二、「相談役就任を受けて」大津光章、「芸術文化の調査研究事業の課題」廣 青隴 ■リサーチ「会員基礎調査レポート」 □京都市芸術文化協会賞・新人賞 ■資料編(事業の変遷/新型コロナウイルス感染症拡大の影響にかかわる取り組み)  □編集後記…辻 喜代治
 ※2022年3月発行。PDFのアップロードは2023年4月予定
 
【次号予告】
142 号は2023年3月発行予定

#141_想像/創造(40th anniv.)

#141_想像/創造(40th anniv.)

バックナンバー