お知らせ

「藝文京展2015」 入選作品の展覧会を開催します!

2014年12月27日(土)

テーマ=装飾と暮らし
分野=工芸作品

公益財団法人京都市芸術文化協会による初めての公募展。
第1回のテーマを「装飾と暮らし」として工芸分野の作品を募集し、全国から木工、漆工、染織、陶芸、金工、革工芸、紙工芸、ガラス工芸等、多彩な作品が寄せられました。
そのなかから入選した作品による展覧会を開催します。
暮らしの文化を創造していこうとする意欲的な作品をどうぞご覧ください。

テーマ「装飾と暮らし」について
京都の人々の暮らしには、長年にわたって芸術や文化が溶け込み、また、その暮らしが人々の美意識を培ってきました。
便利さやはやさが追及されがちな風潮にあって、いま改めて、暮らしの中に息づく美と向き合い、育んでいくことを大切にしたい……
そのような思いを込めて、テーマを設定しています
日時
2015年1月10日 (土) - 2015年2月1日 (日) 
10:00 ~ 20:00
会場
京都芸術センター ギャラリー北・南
審査員
[五十音順]
栗山圭子(京都新聞社文化部生活学芸担当部長)
建畠晢(美術評論家、京都市立芸術大学長、公益財団法人京都市芸術文化協会理事長)
辻喜代治(フリーランス キュレーター、公益財団法人京都市芸術文化協会 機関紙『藝文京』編集長)
中ノ堂一信(美術史研究家、京都造形芸術大学・大学院客員教授)
村山明(木工芸家、重要無形文化財保持者、公益財団法人京都市芸術文化協会評議員)
湯淺圭一(京都商工会議所 文化・情報部会 部会長、公益財団法人京都市芸術文化協会理事)
藝文京展大賞(副賞30 万円):1名
藝文京展優秀賞(副賞10万円):2名
京都市長賞:1名
京都商工会議所会頭賞:1
京都新聞賞:1
NHK 京都放送局長賞:1
 

主催

京都市、公益財団法人京都市芸術文化協会

 

後援

京都商工会議所、京都新聞、NHK京都放送局

 

問合せ先

公益財団法人京都市芸術文化協会

TEL:075-213-1003/FAX:075-213-1004

戻る

∧ PAGE TOP