芸文協の活動

トップページ > 芸文協の活動 > 活動内容

京都における芸術文化の総合的な振興を目指し、各種の事業を実施しています。

自主事業

 当協会の基幹事業であり、芸術文化の普及・振興を図っています。
(1)芸術文化に関する調査研究及び情報の提供
 機関誌『藝文京』の発行や協会ホームページの運営により、広く情報発信しています。

(2)芸術文化事業の実施及び奨励
 「芸術文化 和の祭典」や「京都ビッグ・バンド・フェスティバル」等の事業を開催しています。また、会員が実施する事業に対し、後援などの支援を行っています。

(3)芸術文化に関する教育及び普及
 小中学生を対象に、「夏休み芸術体験教室」や「冬休み芸術体験教室」を実施しており、本格的な舞台での成果発表などを行っています。

(4)芸術家等の育成及び顕彰
 「京都いけばなプレゼンテーション」や公募「藝文京展」を、開催しています。また、芸術文化の向上と発展に寄与した会員に対し、年に一度表彰(芸術文化協会賞・同新人賞)しています。

受託事業

 当協会の広範な芸術家のネットワークと文化事業の実績・ノウハウを活用し、京都市等の他団体から受託した事業を実施することで、京都市における文化芸術行政の一翼を担っています。
<主な事業>
○ 市民狂言会
○ ようこそアーティスト 文化芸術とくべつ授業
○ 各種助成関係事業(京都市助成金等内定者資金融資制度 など)
○ PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭 サポートスタッフセンター など

芸術文化活動拠点施設運営事業

 京都における芸術文化活動拠点施設である京都芸術センターの運営を通して、芸術活動の支援、芸術文化情報の発信、芸術を通じた芸術家と市民等との交流を行い、芸術家や芸術に関係する者が連携して、京都における芸術の総合的な振興を目指しています。
 当協会では、京都芸術センターが開設された平成12年4月から一貫して同センターを管理運営しています。

∧ PAGE TOP